株式会社須田製版

創造する歓びを社会に役立つカタチに

今回の訪問企業は、まもなく創業100年を迎えようとしている北海道の大手印刷会社の「須田製版」。紙とともに積み重ねてきた歴史と実績の上に、社会環境の変化に対応した新たな事業も展開。クリエイティブな感覚を大切にしながら次代のニーズに応えているリアルな会社の特徴や雰囲気をガクワリの学生スタッフが実際に担当者に取材してレポートします。

ものづくりへの拘りをチームワークで具現化する。

取材で会社のことをお伺いして真っ先に感動したのは、クリエイティブへのこだわり。雑誌やチラシひとつとっても、そのデザインで手にした人の受け取り方やアクションが変わってくるということ。須田製版の場合、営業がクライアントと綿密な打ち合わせをして、企画やデザインを担当するCPC(クリエイティブ・プランニング・センター)をはじめとする企画部門と協議して、クライアントのテーマに添った提案。そしてカタチになったデザインを道内でも先進の設備が揃う工場で印刷する。ベストに向かってチームでカタチにしていくことで、お客様の満足と印刷物を見た消費者からの反響に繋がっていることを実感しました。

社会環境に合わせて最良の提案を。紙にとどまらない柔軟な事業展開。


普段触れることがない印刷業について貴重な第一線の生の声を聞けました。

例えばデジタルサイネージやAR、WEB制作。ドローン導入による撮影。長年受け継がれてきた「紙媒体」の良さに加えて、積極的に新しいメディアやコンテンツを事業に組み入れる。そうした企業姿勢が多様化するクライアントの課題に応えることに。印刷を中心事業としながらも「総合的なコミュニケーション創造企業」に進化し続けていることが、この企業が社会から支持されている理由だと確信しました。

年代に関係なく活躍の場面がある「前向き発想重視」の社風。

SNSに代表されるように、若者に響く企画は若い社員のアイディアの方がターゲットに即している。だから年齢や役職と関係なく自分の意見を言えるおおらかな社風。私自身、見たり体験したりしたいことがあればどこでも一人で旅行に行ってしまうアグレッシブな性格なので、自分の感覚を反映できる会社環境は魅力的。 人の資質への強い信頼を持つ須田製版の理念を直に感じることができたレポートでした。

採用担当者が語る!「求める人材」とは

執行役員 営業部長 久留 正宏 さん

  1. 好奇心が強く、自分の意見を仕事に反映できる人。
  2. 創造的なものづくりを面白いと思える人。

今回のレポーター

repo
小樽商科大学 2年 向山 采花

決められた道より、ワクワクすることにチャレンジしたい私にとって、自分の想いがカタチになる企業は魅力的でした。

COMPANY PROFILE

株式会社須田製版
株式会社須田製版
■札幌本社 〒063-8603
札幌市西区二十四軒2条6丁目1番8号
■旭川支社
〒070-8045
旭川市忠和5条8丁目3番1号
■釧路支店
〒085-0001
釧路市古川町29番3号
■苫小牧支店
〒053-0031
苫小牧市春日町3丁目14-18
■滝川営業所
〒073-0031
滝川市栄町3丁目5-16 NCビル1F
■北見営業所
〒090-0051
北見市高栄東町1丁目11番43号
■帯広営業所
〒080-0807
帯広市東7条南14丁目1番地13オフィスフロンティアB-2
■東京支店
〒101-0021
東京都千代田区外神田5丁目2番1号外神田Sビル6F

学生応援 サポート企業・団体